HSP。番外編!!睡眠薬の弊害。

いつも、寝るために色々な努力をし、し過ぎて却って神経が高ぶって眠れない月光さんです(^_^;)

先回、薬の効き目を早く感じる事が多い、というお話をさせて頂きましたね。
実は私は2年前に、掛かりつけの内科の先生から、身体が、慢性疲労の状態にある、と言われた事があります。(その時、婦人科の薬を使い始めたばかりで、その薬が合わず、異常な低血圧を起こしていたのが根本原因だったようです)

たしかに、1日のうち、数時間しか、元気でいられないのです。
元々がHSPで、さまざまな刺激で疲労する一面もあるため、数時間しか元気でいられないのも当然、と思って、身体が求めるだけ休むようにしていたのですが。
それにしても身体がしんどいので、何かほかの原因がないか、ずっと探していました。そして、。。。最近、びっくりする事が分かったのです。

睡眠薬の副作用!

以前「睡眠」について記事を書いた時に、軽い睡眠導入剤を使っていることをお話ししたと思うのですが、それは一般に「向精神剤」又は「ベンゾ系睡眠薬」と呼ばれるものです。

私が心療内科で睡眠を助けるお薬として処方されていたのは、デパスと、マイスリーという二種類のお薬です。
飲まなくても眠れる時期と、使わないと眠れない時期を繰り返し、総合すると、そろそろ使い始めて5年になるでしょうか。
この夏から、急に、ドライアイと、眼精疲労がものすごくひどくなってしまい、大好きな読書も、調べ物も、とにかく不便でたまらず、目を温めたり、冷やしたり、目をつぶって過ごしたり、人工涙液を日に数え切れないほどさしたり、色々やっても、一向に良くならず、とても落ち着かない日々を過ごしていました。
ある日、何気なく見ていたYahoo!ニュースに、眼科の専門医の記事を見つけました。

「ベンゾ系睡眠薬と眼瞼けいれんの関係性について」シリーズで書かれている記事でした。

その記事によると、ベンゾ系(デパスやマイスリーなど)睡眠薬を5年以上使用した患者の中には、眼瞼けいれん(まぶたや目の周りがピクピクと痙攣すること)や、ドライアイの様な症状を起こす人がいる、と書かれていました。
それは、本当にドライアイが起きているのではなく、薬の使用によって、脳が誤作動を起こし、あたかもドライアイかの様に感じる、との、自分にとって驚くべき内容でした。
更に!関連記事を調べていくと、睡眠薬を5年以上使った人の中には、慢性疲労症候群の様な症状が出ることもある、との記載があり、ドキッとしたのです。

これまで3年ほど、本当に私は、慢性疲労の症状と闘ってきました。
あらゆるサプリメント、緩和するためのあらゆる努力、それでも、その努力をあざ笑うかのように、様々な体の不調が次から次へと起きて、しまいには、次は何かな、と身構えるほど。
その中には、繰り返す喉口内炎、声のかすれ、喉の腫れなど喉の不調。
数時間は元気なのに、電池が切れたかの様に、急に起きる重だるい疲労感。
思考力に限界が出てきて、考える事が上手くできない。
そして、眼瞼けいれん、ドライアイ、目を開けていられない様な眼精疲労など。
いつも、ヘトヘトでした。

睡眠薬を減らす

その記事を読んだ私は、驚いて、どうなってもいいから、とにかく薬の使用に厳しい制限をしようと決め、その日から、薬を使うのは週に一度か二度、と決めて、他の日はどんなに眠れなくても薬を飲まない様にシフトチェンジしました。


1ヶ月間は、しんどかったです。
薬に呼ばれているような気がすることさえありました。
でも、1ヶ月を過ぎたら、少しずつ、頭のモヤが晴れていくような感覚がありました。
ドライアイのような症状も、眼精疲労も、日に日に楽になってきて、意外なことに、喉の症状も緩和されていきました。
また、嬉しいことに、少しずつではありますが、自力で眠れるようになって来たところです。

暗示も、ある程度必要ですね。

眠れなくても大丈夫、大丈夫、明日もある。
明後日も寝れる。
今日寝れなくても死なない。
良いじゃないか、今の幸せを考えて過ごそう。

と、自分に言い聞かせ、眠れない苦しみから意識を逸らす努力も必要ですよね。
でもその甲斐あって、徐々に眠れるようになって来ています。
今は、まだすこし離脱症状があります。離脱症状がそのまま抜けない人もいる、との事です。それでも、睡眠導入剤を常用している時に比べると、毎日の体の重さや、目の不調が大きく改善された感覚が出てきて、本当に嬉しいです♪
自分が薬に敏感だという感覚を持ちながらも、眠れない辛さの方が先に立ち、睡眠導入剤を常用して来てしまいましたが、今回気付いて、自分で薬をコントロール出来るようになって、本当に良かったと思います。

もしも、同じような症状をお持ちの方が居ましたら、ぜひ一度、以下の記事、又関連記事をご覧になって参考にされてください。https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180925-OYTET50031/2/?catname=column_wakakura-masato
皆さんの生活が少しでも心地よいものになりますように願っています☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆