HSPだから?お味噌の魅力★美味しいお味噌のご紹介。

日本古来の発酵食品、お味噌。

HSPの味覚はとても繊細。なので、調味料の良し悪しは、自分にとっては結構重要。

以前私は、静岡県に暮らしていました。

信州味噌。

静岡県で一般的だったのは、信州味噌。

故郷で使っていた米味噌とはまた風味が違い、優しく上品な味。

結構つぶつぶしてて、見た目にも可愛らしい。

信州味噌は何に使ってもなじみが良く、特に酢味噌和えは、塩辛さが少なくて使いやすかったです。あと、きゅうりに、味噌マヨで一味をパラっとかけて、一本まんまかじるのも、旬の味を引き立てました。味噌を塗って焼いて食べる、味噌焼きおにぎりも、とっても美味しかった。お味噌汁は、やはり地元の野菜に良くなじみ、地元名産の、里芋の一種、えび芋やさつまいものお味噌汁は特別美味しかったです。

おお、食べたくなって来ました!

赤味噌の不思議。

さらに衝撃だったのは、名古屋の赤味噌!

味噌煮込みうどんを初めて食べた時は、「これが味噌の味?」と驚きました。

白味噌とは全く別物で、まったりとコクがあり、甘みが強く、濃い茶色の見た目。名古屋出身の友達は、赤味噌を離れては生きられない、と言うほど、赤味噌が大好き、と言っていました。なるほど、魅力のある味噌です。私も味噌煮込みうどんが食べたくて、北海道に帰って来てからも、常備するようになりました。

長生き味噌汁。

最近テレビで、医者考案の「長生き味噌汁」が特集されていました。

入れるものは、白味噌、赤味噌、玉ねぎのすりおろし、リンゴ酢、がベースです。

そのベースに、好きな具を入れて味噌汁を作るのですが、興味深かったのは、一杯のお味噌汁に、白味噌と赤味噌の両方を使うことです。そのお医者さんによると、赤味噌には、白味噌にはない成分が含まれていて、両方同時に使うことで、効率的に疲労を回復し、結果長生きにつながる、と説明されていました。

なるほど、赤味噌は広い地域で使われているわけではないですが、「効果的な疲労回復」と言う言葉は自分にとって、大変魅力的!!

白味噌と赤味噌のお得セット!

でも、使ったことのない方にとって、白味噌と赤味噌の両方を別々に購入するのは、大変かもしれません。それで、とてもよい組み合わせのお味噌セットを見つけて!

とてもよいのでおススメしたいと思います☺︎しかも安いし!

上品な優しい味の信州味噌と、独特の風味の赤味噌がセットになって、送料込みで1000円。

赤味噌のない地域では、赤味噌は、結構お値段が張るので、ハードルが高いんですよね(^_^;)

また、悪いものが何も入っていないのも魅力!

これなら味に敏感なHSPでも、人工的な味を心配しないで使えます。

この機会に、長生き味噌汁を試してみるのはいかがですか♡

ちなみに長生き味噌汁の作り方ですが。。いつも適当なんです。

お味噌汁を作るときに、だし汁に、大さじ一杯のリンゴ酢を入れ、玉ねぎ(一個の4分の1)のすりおろしを加え、具が煮えたら、最後に赤味噌と白味噌を適量溶かして完成!です。