HSP。身体の要求に応えてみる。6、調味料。

皆さん、こんにちは!
良い香りに人一倍敏感♪月光さんです(*゚∀゚*)

私たちは毎日、色んな味付けの料理とともに生きています。
人によって濃い味が好きな人もいれば、薄味好みの人もいる。

HSPは、とっても味覚が敏感なので、隠し味が分かっちゃったり、微妙な味わいに
反応したりします。柚子コショウや、山わさび、ごまの風味、スイーツもバターの風味など、とにかく、わずかな風味の違いを楽しみながら生きています。
口から鼻に抜ける風味を、食事の何よりの楽しみにしていると言っても過言ではありません。

逆に、味の濃すぎる料理は、HSPを一気にブルーにします。
しょっぱすぎたり、甘すぎたり、辛すぎたり、熱すぎたり、「過ぎ」ている料理は、感覚的に、幸福どころか、不幸へまっしぐらなのです(´Д` )

特に、私は、しょっぱい、という感覚が、もはや、怖い。
そう、怖いのです。怖いので、すごーく薄味。。
鼻の悪い主人は、多分いつも、私の料理には味が付いてないと思ってるかもしれない。
自分でしょうゆかけてね、ってお願いしてます。
なぜ、塩辛さが怖いかと言うと、しょっぱい料理を食べた時って、まず心の中が叫び続けます。

「しょっぱい〜(T-T)しょっぱ〜い(T-T)もうヤダ〜」

なんとか食べ切っても、そのあとは地獄のような喉の渇き!
誰か。。み、水を。。く。。れ。。。

最後にやって来る、眠気を破壊するトイレ通い。

嗚呼、ほとんど眠れないまま、朝が来た。

。。。ですから、私の料理は、風味が基本♪(笑)
オリーブオイル、ごま油、自分で作る擂り胡麻、ゴリゴリするブラックペッパー、ゆずごしょう、山わさび、コチュジャン、かつお節、海苔、あおさ、などなど、味、よりも風味、命!!

塩コショウやしょうゆ、塩、味噌、めんつゆなど、基本の味付けを気持ち少なめに付けたら、後は殆ど風味で勝負!そのかわり、基本の味付けは、そこそこのお値段の物を使ってます。
バカ高いものは使えませんが、このメーカーのこの味が好き!と言うのが誠にはっきりしているので、違うものを使うと、やっぱりあの味じゃないと。。と、最悪買い直すことになってしまうのです。だったら最初からお気に入りを使う方が無難です。
そうでないと、「ニセモノ」の味に気づいてしまうからです。
人工的な味付けのものにも敏感で、ラーメン屋さんのつゆで、舌が痺れたり、
どこかのお味噌汁の味が舌にへばり付き、外出中ずっとブルーだったり。
安い物の、紛いのにおいにごまかされない嗅覚の良さと悪さ。

気付かなければ幸せだけど、気づいちゃうんだもん!(笑)それがHSP!

あるHSPのお友達は、自宅のテーブルの上に、自分専用の「調味料セット」があるのだそうな。
コショウ、トウガラシ、しょうゆ、バジル、パセリなど、自分に合った風味を、
テーブル上で出来るように、いつもスタンバイ。
スゴイ。。

HSPなりの、幸せな食事の時間を楽しみましょう(^ ^)

HSP

Posted by moonlight