HSP。その利点。2、より深く理解する。言語。

2018年12月8日

皆さん、こんにちは!(*゚∀゚*)
湿気で髪の毛がうねるコトが、ものすごーく気になって他の事に集中しずらい月光さんです笑
今日は、自分がHSPな事で、得した事の一つをご紹介したいと思います。

それは、言語の習得です。

私は、10年ほど外国語を勉強しているのですが、日本語にはない発音がたくさん出てきます。

舌の使い方が違うのです。ですから、口の中で、その舌の形を作るまでに少なくとも一年はかかります。ネイティブにもわかるような発音を出来るようになるまでにも、相当時間がかかります。未だにダメ出しをされる単語もあります。

でも、HSPは、耳が良い。良すぎる。

その為、ネイティブの発音を聞く時、一般の人より(多分)舌からもれる空気の音や、

微妙な発音の加減まで聞き取ることができます。HSPは一見ノロマに見えることが多いですが、一定の時間をかけた時、人より聞き取りやすい発音が出来るかもしれません。

それは、脳の網目が細かく、情報処理に時間がかかるためで、覚えは遅いかもしれませんが、一度覚えると、しっかり記憶に留めることが出来る、という理由だそうです。
そういう意味で、HSPは言語習得に有利だと言えます。

 

 

しかし、注意点が二つあります。

一つ目に、言語の習得というのは、聞くにも、話すにも、神経を使います。

なので、一度にあまり長い時間勉強すると、高ぶった神経をおとなしくさせるのに苦労し、夜、いつまでもいつまでも眠れない、という事もあり得るので、
勉強は1時間以内にする事、また、ネイティブと会話するのにも、相当神経を使いますので、時間や人数の制限を設けて接するのが良さそうです。

 

二つ目に、自分に合った言語を学ぶ、という事です。

幼い時から自然に入ってくる母語と違って、大人になってから学ぶ言語には、向き不向きがあります。ある言語を心地よく思っても、別の言語は、何回聞いてもどうも馴染み深くならない、そういう言語もあります。

長く続けたいなら、聞いていて心地よい言語を選ぶと良い、と言われています。

言語の習得はつまり、他の文化を受け入れる事ですので、人生を広げ、喜びを大きく深くします。
みなさんがHSPの特性を生かして、楽しみを増やすことに貢献できたら光栄です♪

HSP

Posted by moonlight