HSP、疲れる理由。

2018年4月1日

こんにちは。
三度目のブログになります、月光さんです(^ ^)

初めてブログを書いた時、私は友達と出かけた一つのエピソードをご紹介しました。
実はあのエピソードの中には、HSPの様々な特徴が出て来ています。

「私」は、レストランで周りで鳴っていた様々な音、様々な状況に、
心が振り回されていました。それがストレスとなり、短時間で疲労する原因となったのです。

先回ご紹介したささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。 (SB文庫)には、こんな一文がありました。

「あなたは他の人が気づかないような刺激にも気付いてしまう。
刺激はごく小さな音や微妙な色合い、あるいは痛みといった身体感覚であったりもする。
この個人差は、外から受け取った情報をどれくらい丁寧に処理するかと言うことにあるようで
感覚器官と脳までの間、あるいは脳の中のどこかに違いが存在すると思われる。」

なるほど、他の人も私も、見ているもの、聞こえているものは同じ。
なのに
私の頭の中では、聞こえた音や目に入って来たものを、一つ一つ、それはそれは丁寧に処理しようとしてしまうのだ、
と言うことが分かったのです。

パソコンも、たくさんの情報を一気に処理しようとする時、たくさんのエネルギーを使います。
そして、オーバーすれば画面がフリーズしてしまいますよね。
同じように、HSPの情報処理能力は人より網目が細かいため、外の世界へ出ると、
処理能力が勝手に上がり、人より早くエネルギーを使い果たしてしまい
もう動けないと言う状況が生じるようです(T ^ T)

では、どうすれば、外の刺激から、自分を守ることが出来るのでしょうか。
次回からはその点をピックアップしてみたいと思います。

 

HSP

Posted by moonlight